住宅

  

売却の工夫

広いリビング

任意売却は、物件がほぼ市場価格で売れる、交渉次第で引越し費用などが手元に残る、手持ち金がゼロでも行なえる、借金が残った場合も無理なく分割で返済できる、近所に知られることがないなど、競売と比べて様々なメリットがあります。現在は、住宅ローンが払えなくなった場合は任意売却を行なうのが主流なわけですが、気をつけなければいけないこともあります。 1つは、任意売却は100%成功するわけではないということです。任意売却の手続きは非常に複雑ですので、経験の浅い業者に頼んだ場合、希望価格で売れない、時間切れで競売が始まってしまうなど失敗するリスクもあります。中には、法外な手数料をとられたり(手数料は法律で一律に決まっている)、必要のない自己破産をさせられたりなど悪徳な業者も存在するようです。経験が豊富で、信用のできる業者を選ぶことが大切です。 もう1つは、競売が始まってしまうともう任意売却はできなくなるということです。滞納をして放っておくと早ければ3ヶ月で競売の申し込みがされてしまうので、住宅ローンが払えなくなったら早めに業者に相談するなどして行動を起こす必要があります。

住宅ローンなどの支払いが困難となってしまうと、競売にかけられてしまうのですが、経済状況が悪化していることがわかっているのなら、任意売却を利用することも検討してみても良いでしょう。 任意売却を選択すれば、いくつかのメリットがあります。任意売却をすると、競売で叩き売りされてしまう、という事態を回避しやすくなります。適正な価格で売買することができる可能性が高いので、負債が少なくなることが期待できます。また、任意売却後の負債は、分割払いが可能なので、経済的な負担を抑えることができます。 また、任意売却は上手く使えば、その家に住み続けることもできます。任意売却では、その物件を親族に買い取ってもらうことにより、親族に家賃を支払うなどのケアをすることで、家を手放すことなく、ローンを解消するという作戦も立てることができます。