住宅

  

物件を選択

広いリビング

住宅ローンの審査に不安を感じているならコチラへ。仲介手数料無料で経験豊富なスタッフがお力になります。まずお気軽にご相談ください。


日本人は持ち家志向が強く、今は賃貸物件に住んでいるけれど、いつかはマイホーム購入を夢見ている家庭も多いといわれています。とはいえ、マイホームは大半の人にとって人生で一番高い買い物であり、予算的に購入は厳しいと考えている世帯も少なくないことでしょう。そんな家庭にお勧めなのが中古物件の購入です。新築一戸建てには予算的に手が出ない家庭であっても、中古一戸建てであれば予算的に十分手が届く可能性があります。中古一戸建てを購入する場合、不動産屋を介して物件を探す形が一般的となります。築年数や立地場所などのある程度の希望を伝えておき、条件にあった物件の情報が入れば、その物件を個別に検討していく形となります。

新築一戸建ての場合、建築業者等の費用が販売価格に上乗せされているため、仮に購入直後に転売するとしてもその売却価格は2割から3割程度下落していることが一般的です。しかし、中古一戸建ての場合は不動産業者等への仲介手数料や諸経費を除けば、購入直後に大きく資産価値が下落することはほとんどないというメリットがあります。最近は中古の不動産市場も活況となっていることから、じっくり時間をかけて探せば自分たちの希望にあった中古一戸建てを割安な価格で購入できる可能性もあります。新築物件の場合は選択肢が多数ありますが、中古物件の場合は、同じ程度の物件が同じ地区で近い時期に売りに出ることは稀ですので、事前にしっかりと自分たちの購入条件を決めておき、情報が入ったら早期に決断をすることが求められます。


中古一戸建て

テーブルとキッチン

中古で一戸建てを持つ事により、リーズナブルな価格でマイホームを持つことが出来ます。また、中古物件をリノベーションすることで、新築と変わりない住宅に住むことも出来ます。

詳細を確認する


売却の工夫

窓の広いフローリングの部屋

ローン返済に困った際には、任意売却を行なうことで競売に掛けられる事を防ぐ事が出来ます。適正な値段に近い価格で売却し、少しでも多くローンの返済に充てる事が可能になっています。

詳細を確認する


今後どうなるのか

ペンを持つ作業服の男性

人口が減っている所では不動産賃貸は厳しくなっていきます。もし、新規の不動産賃貸物件を手に入れるための事業計画を作る場合があれば、現在の金利よりも高めに支払利息の利率を設定して保守的に計画をすることが大事です。

詳細を確認する


物件の価格帯

手の上の赤い家の模型

仲介手数料が無料、有料に関わらず、物件の価格に差はないと言えます。また、インターネットを利用する事によって広く物件の宣伝を行なう事が出来ます。仲介手数料を無料にする事で購買意欲を高める効果もあります。

詳細を確認する

生活に合わせて

一戸建てと芝生

物件を選ぶ、建てる時に必要な事は、ライフスタイルに沿っているかです。将来の事も見据えた住宅設計を行なう事が求められています。一生に一度の買い物なので、慎重に拘る事がベストです。

詳細を確認する